【VALORANT】撃ち合いに勝つための方法:前編

スポンサーリンク
記事の内容
撃ち合いに勝つための意識を全部で大きく4つに分けてご紹介! これらを読むことで自分に何が不足しているか確認できます!

今回は前編になります。撃ち合いに勝つための方法を2つに分けてご紹介!
これらを読むことで自分に何が不足しているか確認できます!

弾をまっすぐ飛ばす

武器性能の理解

ラウンド中に使用している武器の特性(癖)を知ることが大切!
 例えばヴァンダルとファントムでは、発射レート(弾が出る速さ)、一発に対するダメージ量、フルバースト撃ちでの反動の強さなどこれらをすべて知っておく必要がある。どの武器でもヘッドショットを狙い一撃キルを狙う必要があるが、サブマシンガンやショットガン、ピストルはプレイヤーが走りながら弾を多く当てることができるなど立ち回りが変わってくる。

武器性能については以下をご参照ください

リコイルコントロール

リコイル・・・銃で弾を発射した際のクロスヘアの反動
 リコイルコントロールとは、連続して弾を発射した際に反動によってクロスヘアが上昇していく現象に対し、マウスを少しずつ手前に引くことでクロスヘアの反動を抑えながら弾を当て続ける技術です。

基本的に、マウスを手前に引くだけです!が、左右にリコイルもあります。
縦反動、左右リコイル、発射スピードそれぞれ銃によって違うため上記の武器性能の理解が必要になります。

じゃあどうやって上達するの
リコイルコントロールは基本的に、意識下で行うものではなく無意識下で行うことが重要!

 やり方ですが、以下の動画2つを参考にさせていただきました。

そして、ひたすら練習場や試合で弾を撃つことに慣れるしかありません。

例えば自転車を乗るために、常にバランスを取らなきゃって意識してますか?してないですよね。常に周りを見ながら進んでいるはずです。

この原理と同じで『体で覚える』だけなんです!

ストッピング

ストッピング・・・動きを止めること
 動いている状態と止まった状態で、弾を撃つのでは差があります。基本的にVALORANTは止まって撃たなければ弾は狙ったところへ飛びません。
このテクニックはVALORANTをする上では必須条件とも言えます。

3種類のやり方

  1. 移動キーを放す
  2. 逆キーを入力
  3. 移動キーを同時押し

移動キーを離す

入力中のキー(WASD)を止まりたいときに離すだけ

逆キーを入力

入力中のキー(WASD)で押しているキーを離し、逆方向のキーを押す
例:右(Dキー)に移動している時、Dキーを離して左(Aキー)を1度押すことでストッピングする

移動キー同時押し

入力中のキー(WASD)で押しているキーに対し、逆キーを入力
例:左(Aキー)押している時に、そのまま右(Dキー)を入力することでストッピングする。

注意!

斜め入力でのストッピングは避けるように! 理論的には可能だが、難易度が上がりストッピングが難しくなります。

AIM

 AIMを上達するためには、まずヘッドライン(敵の頭の位置)を意識することです。マップでの高低差があってもヘッドラインの意識!相手が空をとんでてもヘッドラインの意識!
 やり方は様々ですが、まずは各マップでヘッドラインの位置に慣れてください。VALORANT結局知識ゲーなんすよ・・・。
それは置いといて、AIM練習のやり方なんですが、以下の動画で上達することができました。

この動画で言われているようにAIMの上達に天井がないと思われます。
AIM練習は練習場でBOT撃ちことも大事だと思いますが、チームデスマッチや、デスマッチ、アンレートで人の動きになれることが大切です。
またこの動画と合わせて練習して頂きたいのは、丁寧に狙うことです。
ヘッドに近づくにつれてゆっくり(丁寧)に狙ってください。マウスをフリックして狙うことは運ゲーヘッドヘッショットと同じようなもので、確実なキルを狙えなくなります。本当にコツは、丁寧さです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました